製品情報紡績糸・単繊維試験機器

DI式糸抱合力試験機 [DI-200] DI Type Yarn Cohesion Tester
参考規格: ASTM D-6611
糸と糸を交叉させた状態で往復運動を与え、糸同志を摩擦させ、糸が切断するまでの回数を測定します。
また、糊付けの糸表面の変質を観察して、糸の抱合力の評価等に使用される試験機です
サンプル糸巻器 [DSW-200] Sample Yarn Winder
参考規格:
糸の色見本作製用の自動糸巻器です。糸の番手によって巻取ピッチ、巻取巾、重層回数等が任意に変更でき、糸による最適条件を100パターンまで登録メモリーさせておく事ができます。
繊維混用率測定用振とう機 [KS-100] Strong Shaking Device
参考規格: JIS L-1030-2
繊維混用率を求める時に、繊維の溶解法として用いられる、振幅が70㎜、振とう数が250回/分迄可能な強力振とう機です。
タイマー設定により振とう駆動→休止→振とう駆動の間歇動作が可能です。
検撚機 [M-1, MM-20] Twist Counter
参考規格: JIS L-1095
ISO 17202:2001
ASTM D-1422:99
単糸のより数を求めるペンジュラム形検ねん機と呼ばれるものです。
解ねん、より操作を手動にて行う「M-1型」と、足踏操作スイッチ付の電動駆動タイプ「MM-20型」の2機種があります。
含有水分率測定乾燥機 [MD-100] Moisture Regain Oven
参考規格: JIS L-1095-9.2
本機は、各種素材の水分率、含水率及び絶乾質量を自動的に求める赤外線乾燥器です。一度に6点の試料が収納でき、時間経過に伴う質量変化、水分率、含水率がLCD画面表示と合せ、プリントアウトされます。ます。計測機能は本機姉妹品「水分率測定用乾燥天秤:COM-500A」と同等です。
糸摩擦抵抗力試験機 [SDI-510] Yarn-on-Yarn Abrasion Resistance Tester
参考規格: 関連規格:ASTM-6611
糸の摩擦抵抗力や抱合力を評価する試験機で、糸と糸を交叉させながら互いの糸表面を摩擦させ、糸の切断に至る迄の摩擦回数、あるいは切断までの所要時間を測定します。
検尺器 [SSD-1, SSD-2, SSD-3] Wrap Reel by Motor Driven
参考規格: JIS L-1095
ISO 2060
ASTM D-4031
一定長さの糸を採取する巻取器です。糸の番手測定をはじめ、リー引張強さ、糸かさ高性を測定する時の糸かせ巻取器として使用されます。
糸の種類により、枠周「1m」「1.125m」「1.372m」の3種類が準備されています。
高速型糸摩擦抱合力試験機 [TM-200 iA] High-speed Yarn Abrasion Tester
参考規格: JIS L-1095 (摩耗強さB法)
綿糸・絹糸の摩耗強さを評価する糸摩耗試験機です。
摩擦子には太さ約0.6㎜のステンレス針のコームを用いて、糸に一定の摩擦角度を保ちながら、コームに摺動往復運動を与え、糸が切断する迄の往復回数を測定します。コーム往復速度可変範囲を大きく設定できる高速タイプの機種です。
熱収縮・応力測定装置 [TS-10FA] Thermal Shrinkage-Force Tester
参考規格: ASTM D4974-01、D5591-02
合繊糸の高温雰囲気下に於ける収縮率及び収縮応力を連続して測定します。上下熱板にて制御された温度雰囲気内に、糸を取り付けた収縮及び応力専用架台を挿入し、挿入後からの時間経過に伴う収縮率及び応力を測定します。PCを接続することで、収縮率及び熱応力変化グラフはリアルタイムに取り出せます。
糸引張強度試験機 [YS-200] Single Yarn Breaking Strength Tester
参考規格: JIS L-1013、L-1095
ISO 2062
紡績糸や化学繊維フィラメント糸の引張強さ、伸び率を自動計測できる定速伸長形の引張試験機です。
駆動軸が2本備わっていますので、試料数の多い場合には、交互に駆動させて連続的に測定する事が出来、測定作業の効率化が計れます。